ドッグフードと予防接種はわんちゃんに重要!飼い主さんは身長に行動を!

私がまだ子どもだった頃、親戚のおばさんが買っていた犬がとても可愛かったという思い出があります。

当時おばさんが飼っていた犬は小さい小型犬ではなく、どちらかといえば大きな犬でした。

みんなのドッグフード体験談♪

 

黒くて大きな犬だったので、初めて見た人はちょっと怖がってしまうほどでした。

実は今もそうなのですが、私はあまり動物が得意なほうではありません。

犬や猫など人間に馴染み深い動物でもちょっと苦手なのです。

しかしおばさんが飼っていた犬に対して何故だか平気でした。

おばさんは私が住んでいた土地から車で4時間ほどかかり、とても遠いところに住んでいました。

私はおばさんの家に行く時にはおばさんに会いに行くというよりも、おばさんが飼っていた犬に会いに行くという感覚でした。

どんな時が一番可愛かったかというと、あれだけ大きな犬なのに全く吠えることをせず、とても人間に慣れているというところが好きでした。

きっと今思えばおばさんのしつけが行き届いていたんだと思います。

ドッグフードは良い商品を選ぶことで犬の健康にも良いですしお勧めです。

 

初めてご飯あげる時にはさすがに初めての経験だったのでちょっと怖かったのですが、

ご飯を与えてあげると、「よし!」と声を掛けると勢いよく食べ始める姿を見て、本当にかわいいなと思いました。

この「よし!」と声を掛けてから食べ始める、というのもおばさんのしつけがよく行き届いていたんだと思います。

何より自分があげたご飯を食べてくれる姿がとてもかわいくて、愛おしく感じた覚えがあります。

その他にもお手やお座りなどもよく出来ましたし、体をなでるとしっぽを振って喜ぶ姿がとても印象に残っています。

やっぱり自分に懐いてくれる様子は本当に嬉しいものです。

それが子供であればなおさらだと思います。

大きな犬だと存在感もあってちょっと怖いと感じることもあると思うのですが、この犬の場合はとても利口な犬で温和だったので全く怖くありませんでした。

今でも動物はそんなに得意なほうではないのですが、おばさんの犬だけは大丈夫だったのですごく大切な思い出です。

しかしその犬もかなり前に年老いて亡くなってしまいました。

それを聞いてすごく大泣きしました。

後にも先にも動物のことであそこまで泣いたのはこれが最後です。

ドッグフードを安心して与えられる工夫が必要です。

万が一自分が犬を飼うことになったら、おばさんの犬を思い出しながら大切な家族として一緒に過ごしていきたいです。

我が家には1匹のわんちゃんがいます。彼女が生後3か月のとき我が家にやってきて家族の一員となりました。形は犬ですが10年以上家族として過ごしていましていつしか彼女を「犬」と呼ぶことはなくなりました。ここでの彼女を指す記載が「犬」ではなく「彼女、わんちゃん」であることをまずお許しください。

私が子供の時、鶏やインコを飼っていまして、どちらかというとその他の哺乳類の動物をペットにすることはあまり考えていませんでした。

親が知人から譲り受けて飼い始めたつがいのジュウシマツ、これがペットの始まりでした。そこから鶏、セキセイインコインコ、オカメインコ、ボタンインコなど小鳥の魅力にとりつかれていた時期でもありました。

犬は予防接種も大変ですが、わんちゃんの健康を考えた時にドッグフードとともに重要になるのがワクチンや予防接種です。

実際に厚生労働省のサイトでは、犬の予防接種数についても記載されています。

予防接種は犬には絶対に必要ですし、これはわんちゃんを買っている飼い主さんの責任でもあるのです。

必ず、ドッグフードを良い物にするのと予防接種は怠ってはいけません。

犬には必ず寿命がある。一日でも長くいる為に良いドッグフードを選ぶ!

他動物に襲われたり、病気で死んでしまったり、寿命など長い時間をかけて少しづつその数を減らし、最後の1匹をみとった時は私もいい年になっていました。

それからは特に家族で何かペットを飼うとか特にそういう話はなかったので、突然“彼女”が目の前に現れたときはとても驚きました。

もう10年以上前の話になります。仕事がお休みだったある日、私は自室でPCに向かってました。トントン、部屋をノックする音に面倒くさそうにハーイを答え特に振り返りもせず相変わらずPCに向かっていました。「これがお姉ちゃん
でちゅよ~」という母の声。振り返るとヒョコンと母に抱かれた“彼女”がいました。

「えっ?何コレ?」話を要約すると新聞で「子犬産まれました」の記事を見てほしくなりもらいに行ってきたということでした。

「名前なんにする」私は少しも悩まずルリと名付けました。理由はありません。名前はと聞かれてパッと浮かんだのがその名前だったからです。

「これからゲージとかエサとか買いに行ってくるからあんた面倒みてて」そう言って母は買い物に出かけていきました。

ドッグフードは品質の高い物を選ぶようにしてください。

正直私は、ルリを見たとき、なんでこんな犬とがっくりしました。今となってはとても反省しています(ルリに対して)。

なぜなら、もし犬を飼うなら、飼うことがあれば、シベリアンハスキーのような目つきのカッコいい、簡単に人のいいなりにはならない野性味の強い犬がいいと密かに思っていたからで、ルリは普通の雑種の中型犬で、とてもカッコいい
部類には入っていなかったのです。

一言の相談もなくもらってきた母にも無性に腹が立って本当にルリには申し訳ないのだけど私の中では歓迎ムードではなかったのです。

母が彼女を置いて買い物に行き、ルリはPCに向かっている私の横にトコトコとやってきてまずしたことはオシッコでした。

「げっ、私の部屋の床の上で…」「もう…」私はその辺にあったタオルでオシッコをふき取りタオルを片付けてまたPCに向かいました。ルリが私の横にきてペタッとくっついてスヤスヤと眠り出しました。

初対面のワンちゃんが、オシッコしてその小さな体を私にくっつけて丸くなってスヤスヤ寝ている姿は何とも可愛いくて思わずよしよしと頭を撫でていました。「この子には何の罪もないそう、この子は何も悪くない。

優しくしてあげなきゃ。」そう思った瞬間でした。

「家で犬を飼うな」と言って毛嫌いしていた父も、毎日のようにルリから甘えられて、最初はむげにしていた父も、根負けしたようでそれはまるで大きな氷の塊が日に日に溶けていくように父の頑なな心を溶かしていきました。今では孫
のようにルリのことを可愛がっています。

わんちゃんは人間を選びません。どんな人間にも平等にアプローチします。

ある時、両親がたまたま同じ時期に別の病気で入院を余儀なくされ、家には私とルリしかいない時期がありました。

その日は朝早くから病院に行かなければいけなくて、このころドックフードを食べなくなって困っていた時期で、今食べてくれないとすぐに家を出ないといけないしすぐに家に帰れないんだけど…と思っていたところ、なぜかこの時はす
ぐに食べてくれたということがありました。

また、両親が二人とも深刻な事態かもという時で、病院から帰ってソファに座ってたところ、そろそろ「遊んで遊んで!」とルリがじゃれてくるころなんだけどなと思ってふと横をみると、少し離れたところでお座りしてじっと私をみて
るルリがいます。

「おいで!」というと小さな尻尾を振りながらやってきました。私はその時気づいたんです。ワンちゃんと生き物はちゃんと飼い主を見ているということに。ワンちゃんは子供ながらに私の落ち込んだ様子を見て気を使っていたんですね。ご飯をすぐに食べてくれたのもたまたま、偶然だったのではなくで、彼女なりの協力だったと思います。このことで私はワンちゃんの素晴らしさに触れもうペットの「犬」ではなくなったのです。

ドッグフードを選ぶときは必ずわんちゃんにとって負担がなく美味しく食べられるものを選ぶようにしましょう♪