犬を飼っ変わった事!子犬が私に与えてくれた影響

子どもの頃から犬をかっていたため結婚してからも犬を飼うことにしました。飼い始めた頃は夜鳴がひどかったり、思うようにしつけがうまくいかなくてノイローゼになりかけてました。お互いフルタイムで働いていたので休みの日以外はちゃんとかまってあげられていませんでした。そのせいもありとても甘えん坊で手のかかる子でした。
しつけの先生を呼んだりしてなんとかしつけもでき1歳ぐらいのときにはあまり手がかからなくなっていました。
本当に子どものような感じで会話や生活の中心は犬になっていきました。早く帰ってあげないと犬が寂しがるので仕事終わりに飲みに行くことも減りました。色んなところに犬を連れて行きたくて遠出をするときは犬もいけるところを選ぶようになりました。犬がいけるところは大きな公園とか自然のある場所になるので健康的な外出になります。
ただ遠くのテーマーパークに行きたくても犬がいるのであまりいけなくなります。ペットホテルに預けるといけますが費用がもう一人分旅費がかかるようなものなのでお金はかかります。
結局それなら犬も一緒にいけるところに行こうとなります。ただ探すと意外とペットと泊まれる宿はあります。多いわけではないので宿は決まってしまいますがあまり迷う必要もなくすぐ決められて楽チンです。
人間のように一緒に暮らしているので本当に子どものような存在です。犬の保険にも加入しており毎月お金もかかります。もちろん可愛いですし癒しの存在でもありますが現実的にとてもお金がかかるのでそこも踏まえて飼う時はちゃんと考えないければいけません。犬を飼うことで制限がでることも沢山あります。
ただその点を考えても飼って本当によかったと思います。家の中が本当に明るくなりますし沢山の幸せをもたらしてくれます。
犬を飼いたいなと思っている人はきちんと飼ってあげられるかを考えてからかってほしいなと思います。
小さい頃、近所に誰にもでも吠えてしまう白い中形の犬がいました。当時、5歳ぐらいの私は家に帰る途中にいるその犬にやたら挑発的なポーズをとったり威嚇したりしてました。庭の鎖に繋がれているので襲われないと思ってました。が、ある日のことです
いつものようにその家の前を歩いて犬がいたのであっかんべーをしました。
そしたら、機嫌が悪かったのか相当ムカついたのかいつも以上に私の方に来ようと必死になっていました。
すると土に埋まっていた鎖が出て来て犬が玄関の門まで一瞬で来てしまいました。
焦った私は走り出し、そういえば門開いてなかったよなと振り返りました。
犬は私の伸長より少し高いぐらいの門を飛び越えてました。
私は必死に走りましたが、すぐに追い付かれてしまい耳を噛まれたりしてしまいました。
近所にいた大人達が助けてくれて、犬は庭に戻され、私は方耳に薬がメチャクチャ染みて後悔したことをよく覚えています。
その後、前より頑丈な鎖が犬にはついており、私は通る度に手を降るぐらいになりました。
この事件は自業自得だと思い、自分なりに反省しました。
犬は今でも大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です